名探偵コナン映画2018 ゼロの執行人がまあまあだった

投稿者: | 2018年4月26日
スポンサーリンク

名探偵コナン映画2018 ゼロの執行人がまあまあだった

 

こんにちは、つよしです。

今回は、コナンの映画「ゼロの執行人」の感想です。

いつも、コナンは公開日に行っていましたが、今回は遅れてしまいました。

「ゼロの執行人」の主役は安室徹(あむろとおる)です。

初めての主役だったから、期待して見にいきました。

全体的には話が難しかったです。

警察とか公安とか話が多く、子供向けではないぁと思いました。

映画のあとはステーキです(笑)。

 

安室徹は3つの顔をもっています。

1つ目は私立探偵としての安室徹。

2つ目は公安警察としての降谷零(ふるやれい)

3つ目は黒ずくめの組織としてのバーボン。

 

こんな感じで立ち位置が微妙なわけです。

敵、味方?

映画の内容をまったく知らずに行ったのですが、

最初に小五郎が逮捕されてしまいます。

おそらくシリーズ初じゃないですか。

それをコナンが助けるわけです。

 

今回はIoTやドローンなど最近の話題が登場します。

IoTって何?とか思いましたが、

スポンサーリンク

物がインターネットにつながっている状態のことです。

これによってIoTテロを起こすといった話でした。

また、阿笠博士が発明したドローンを、

いつもの少年探偵団が操作して、ピンチを救ったりします。

登場人物が多くそれぞれの役割を与えないといけないので、

作る人は大変だろうなと想像します。

 

コナンは歴史ある漫画なので、登場人物が増えすぎて話が複雑です。

今回の映画で安室徹の正体が明らかになったので、謎がへりましたね。

前々回に赤井秀一の謎が明らかになっているので、

微妙な登場人物が少なくなってしまいました。

 

来年はまた怪盗キッドです。

数年前も主役だったのにはやいなぁという印象です。

 

今年のコナンは話は複雑でしたが、まあまあおもしろかったですね。

エンディング曲が福山雅治さんだったのですが、違和感ありましたね。

今までと違っていて。

 

そろそろ小五郎が主役でもいいと思いません?

もしくは、コナンではなく黒ずくめのジンとウオッカが主役とか。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です