最新のMRIが進歩していた。GE、PHILIPS。

投稿者: | 2017年4月18日
スポンサーリンク

最新のMRIが進歩していた。GEPHILIPS

 

前回、シーメンスについてでしたので、今回はGEPHILIPSです。

まずは、GE

 

SIGNA Architect 3.0Tです。

外観はガッチリして大きい。

頭部は48チャンネルコイルです。

しかも、コイルの上部分(顔にかぶせる所)の高さを変えることができるみたいです。

工夫しています。

 

寝台は低く下がり身長の低い方にもやさしい作りです。

アプリケーションはシーメンスと同様に「Compressed Sensing」と「Multi Band」の技術です。

これにより高速撮像が可能となります。

 

次に、PHILIPSです。



装置はIngenia 3.0Tです。

 

寝台に寝た状態で映像が見えるようになっています。

息止め時間があと何秒かなど、患者さんがわかるようになっています。

なかなか親切だと思います。

 

アプリケーションは他社と同様に、「Compressed Sensing」と「Multi Band」の技術です。

今年のトレンドは高速化だったですね。



ただ、Compressed Sensing3Dのみや2D3DもどちらもOKというメーカーもあり、

まったく同じというわけではありませんでした。

特定のコイルでしか使えなかったりするので、これから発展していく技術だと思います。

 

MRの世界はパラレルイメージング以降、あまり高速になっていなかったですが、

これからは、がんがん速くなっていくかもしれません。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: MRI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です