MRI SWIとT2スターどっちかいい?

投稿者: | 2018年4月3日
スポンサーリンク

MRI SWIとT2スターどっちかいい?

 

MRIで磁化率を強調する撮像として、SWIとT2スターがあります。

磁化率とは磁場に置かれたときに、磁化される強さのことです。

 

通常、人体は反磁性ですね。

出血は常磁性となります。

この常磁性を検出するために、SWIやT2スターが撮像されます。

 

どちらかと言えば、SWIの方が磁化率が強調されます。

それを目標に開発されているからですね。

 

ただ、SWIの方が撮像時間がかかります。

なので、SWIとT2スターどちらがいいの?

といった疑問があるかもしれません。

 

サクッと撮れるT2スター。

詳しくわかるSWI。

 

さぁ、どっち?

 

 

私の答えはどっちでもいい!

 

もっとも大切なのは、いつも同じ撮像方法を用いることです。

今日はSWI。

明日はT2スター。

こんなのが、最悪です。

評価基準があいまいになるからです。

 

どちらかと言えばT2スターでいいと思います。

スポンサーリンク

なぜなら、T2スターで出血の有無は十分評価できると思うからです。

 

例えば脳梗塞の治療で血液サラサラにしたいとき、

出血傾向があるかどうかはT2スターで低信号があるかを調べれば十分です。

 

もし、とっても磁化率の差が知りたい。

微小な血栓を調べたい。

そんな場面があればSWIを撮像すればよいと思います。

 

画像検査は宝探しではないですから、どんどん深く掘り下げていかなくてもいいのです。

わかる範囲で調べればいいと考えます。

いつもの撮像で異常ないなら、それでいいんじゃないかと思います。

深く調べて異常がわかっても、患者さんは必ずしもしあわせとはいえないでしょう?

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: MRI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です