MRI STIR

投稿者: | 2017年8月19日
スポンサーリンク

MRI STIR

 

STIRはshort TI inversion recoveryの略です。

脂肪信号を抑えた反転回復法ですね。

FLAIRはfluid attenuated inversion recoveryの略で、

fluidという単語を用いることで、

水信号を抑えた撮像というはっきりした単語でした。

 

ですが、STIRという撮像法は脂肪という言葉はでてきません。

なぜでしょう?

水と同じT1を持つ物質はありません。

人体では水だけがダントツ長いT1です。

なので、FLAIRは水信号しかゼロにしません。

 

STIRの場合、短いTIを使用します。

1.5Tの場合、脂肪のT1は250ms程度です。

人体では脂肪がもっともT1が短いですが、

造影剤を用いてT1短縮がおこると

必ずしも脂肪だけの特異的なT1ではなくなる可能性があります。

このため脂肪を鑑別したいときは、STIRは適していません。

 

ということでSTIRは短いTIを用いて、

脂肪のT1を持つ信号をゼロにする撮像法になります。

 

TIは目的物質×0.693です。

脂肪を対象にしているので、1.5Tならば250ms×0.693=170ms

スポンサーリンク

3Tならば、もう少し長いTIを使用します。

220msとか。

 

STIRの特徴は磁場の不均一に強いことです。

ケミカルシフトを利用した脂肪抑制では、

磁場の不均一で3.5ppmという前提がくずれて脂肪抑制不良になります。

 

STIRは、ケミカルシフトではなくT1値に依存するので

磁場の不均一に強くなります。

このため、低磁場装置の脂肪抑制には有用です。

さらにガントリーの端や、

広範囲の脊椎など磁場の不均一が目立つ部位の脂肪抑制に

STIRは役立ちます。


短いTIにより信号の解釈がむずかしくなります。

脂肪以外の組織はT1が長いので縦磁化の回復は考えると、

マイナス信号になります。

バックグラウンドよりマイナス信号になるため、絶対値表示を行います。

これにより、T1とT2の両方を強調したような画像になります。

 

短いTIのため、脂肪以外のすべての組織の縦磁化が

回復途上にあるところから信号収集がはじまるのでSNが低くなります。

 

TEの設定としては、短いTE20msとかではSNを高くしたい。

長いTE100msとかでは、病変だけ目立たせたい。

どちらも欲しいときは中程度のTE50msなどを使用します。

 

どのTEにしても、脂肪は抑制されるので

SNと病変検出を天秤にかけるわけです。

 

まとめるとSTIRは、

組織のT1にターゲット

脂肪抑制だけど、脂肪に特異的ではない

絶対値表示する

SN低い

となります。

 

ケミカルシフトを利用した脂肪抑制は決まれば、SNも高く有用ですが、

広範囲の脂肪抑制がきくSTIRはとても役に立つ撮像法といえます。

 

関連記事 

MRI 3.5ppm

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: MRI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です