MRI クロストーク

投稿者: | 2016年12月11日
スポンサーリンク

MRI クロストーク

 

MRIコーナーです。

今回はクロストークです。

 

日本語で言うと混線です。

これは目的とするスライスだけでなく、隣のスライスも励起してしまうことです。

 

これにより、設定TRよりも短いTRになっていまします(実効TR)。

特に、TRを長く設定するT2強調やFLAIRなどで問題となります。

同じシリーズのT2強調やFLAIRで信号強度が異なる理由はまさにこれです。

T1強調だとTRが短くなることは、あまり問題になりません。

 

クロストークの影響は、

小さい場合、T2強調であまりT2強調にならなくなる。

大きい場合、信号がなくなるなどです。

 
ライザップゴルフ

防止するには、励起順序を変えることです。

1234スライスとか順番に励起すると最も影響が大きいです。

よって、135、などの1スライス飛ばしとか、

15913とか全スライス数のルートの整数分だけ飛ばすなどがあります。

20スライスなら4枚飛ばしですね)

 

もっとも大きいのが完全に励起グループを分けることです。

これはクロストークの影響がなくなります。

が、その分撮像時間が何倍にもなります。

腰椎の横断像などで、椎体の並びがガタガタでおもいっきりクロストークの影響がある場合は、

5つのグループに分け、TR2000msなど短く設定して撮像するのもありかと思います。

スポンサーリンク

 

また、脂肪抑制画像で1スライス目だけ脂肪抑制が効かないこともクロストークの影響です。

先発スライスはTR無限大で、2スライス目からは実効TRになるので、

どうしても1スライス目の信号が強くなっていまします。

これを防ぐ方法はありません。

どうしてもという場合、1スライス目を捨てることです。

 

 

ブログランキングに参加してます。
参考になったらポチッとお願いします!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: MRI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です