MRI IR

投稿者: | 2016年11月24日
スポンサーリンク

IR

IR法はinversion recovery法です。

日本語では反転回復法ですね。

 

これは反転パルスを印加して、脂肪抑制(STIR)T1強調、水抑制画像(FLAIR)を取得する撮像法です。

 

反転パルスからの待ち時間をTI(Inversion time)と呼び、TI後、通常のSEGREエコーシーケンスで信号収集します。

SE法ではこのTI1.5TSTIR : 170msT1強調500msFLAIR : 2800ms程度になります。

設定TRによりTIも変わってきます。

 

a1380_000861

3Tでは、T1値の延長によりもう少し長い時間になります。

また、GREIRパルスを用いるときは強いT1強調を得るときに使用されます。

 

ブログランキングに参加してます。
よろしければポチッとお願いします!

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

カテゴリー: MRI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です