ゆるい糖質制限 主食という考え方

投稿者: | 2016年10月12日
スポンサーリンク

ゆるい糖質制限で主食という言葉について考えてみます。

主~といいますと、主役とか主人とかとてもメインな感じです。

ですので、主食というと必ずいると考えてしまいます。

この考え方が糖尿病を増加させた原因のひとつと考えます。

もちろん寿命がのびたこともおおいに関係していると思いますが。

幼いころからのすりこみにより主食は必ず食べないといけないと思っている方多いのではないでしょうか。

脳は基本糖質中毒ですから、そう思っても仕方ありません。

ただ糖尿病が増加している今では、それは間違いだったといえます。

バランスよく食べましょうという「バランス」が間違っていたのです。

ですので、糖尿病をさけるためには今より糖質をへらし、タンパク質など他の栄養を

多く摂取するほうが正しいという時代が来るのではと思います。

ただし、健康に関することでは絶対に正しいと証明されるのは難しいと思います。

現在のやり方は糖尿病患者を増やし医療費をもうけたいのではないか?

と勘ぐってしまいます。

みんなが健康になったら病院はつぶれますからね。

 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です